↓「窮鼠の契り-偽りのΩ-」1巻 無料配信中★

↓夢木みつる先生へ特別インタビュー!!

↓1・2巻無料

↓BLマンガ

 1巻 無料

ベツコミ10月号の1/3さんぶんのいち 16話の感想です きらきら

1/3 さんぶんのいち scene.16 千葉 コズエ 先生 著

ネタバレありの感想ですので、ご注意ください! お願い

 

 電子コミックが無料で読める情報の更新再開しました ハート

 別窓で記事がでます

 

 

ネタバレ大丈夫ですか?アセアセ

 

 

単行本派の方、まだ発売されていない 4巻の内容を書いていますので、ご注意ください。

 

 

 

 

紫陽花と 慎くん、莉夏さん 遊くんの4人で、グランピングができる施設に やって来ました。

とても素敵な場所では あるけれど、慎くんと ふたりっきりではないため、少し残念そうな 紫陽花…。

慎くんと莉夏さんの距離の近さを 目の当たりにしてしまいます。

すると、遊くんが 突然、紫陽花を 外に連れ出すのです。

「ああゆうの見たくないなら オレといれば?

ってかあんたも悪い… 4人でデートとか 自分で地雷つくって どーするよ」

遊くんが 気を遣ってくれたことを、紫陽花は 嬉しがりました。

「憎まれ口きいても 遊 私のこと ちゃんと友達にしてくれてたんだね!」

 

紫陽花を連れ戻しにきた 慎くんと、遊くんが バチバチの雰囲気……!!

『気のせいかな 慎くんの背中が 怒ってるように見える

もしかしたら 私と遊に ヤキモチやいてくれてる? だったら嬉しいな

慎くんと莉夏さんの過去は どうがんばっても消せないけど

これから先は もっと ずっと 私だけを好きになってくれたら』

 

1人でいた 莉夏さんに、紫陽花は 声をかけます。

莉夏さんは「慎が元カノに会いに行ってるなんて きっとすごく嫌な気持ちだったでしょ」と 謝りました。

そして、父親との確執のせいで お酒に逃げてしまったことを、紫陽花に 打ち明けてくれたのです。

すると紫陽花は ボロボロと泣いて、莉夏さんの父親に対して 怒ります。

「いいなぁ 紫陽花ちゃん やっぱ好きだわ 私のかわりに 泣いてくれて ありがとう」

紫陽花を抱きしめる 莉夏さん。その様子を、慎くんは そっと見守り、穏やかに笑っていました。

 

夜、話がしたい と紫陽花を呼び出した、慎くん。紫陽花と莉夏さんの話を 立ち聞きしたことを 謝ります。

「これからも莉夏さんに会いに行ってあげてね  今度こそ 本当に本心だよ

私 今バイトも楽しいし 友達もいるし

さみしければ 遊とバカやって過ごしてれば 時間も忘れちゃうし」

「本当に それが本心? 「行かないで」とは言ってくれないの?」

「オレ 紫陽花の そうゆう優しいとこ 好きだよ

でも…ときどき思う もっとワガママ言って  本音を見せてくれてもいいのにって

遊といるときの紫陽花はいつも楽しそうで…  もしかして遊になら 本音を言える?

だとしたら ちょっと 自信なくすよ」

感情的になった慎くんは 紫陽花にキスをして―――!?

 

 

余裕を 完全になくした慎くんが、紫陽花に キスしちゃった直後、

反省して しゃがみ込む姿に、思わず キュンハートとしてしまいました!! ゆう★

そして、ついに 紫陽花に告白してくれたことが、本当に 嬉しいです!!!! うれし泣き

ついに ついに、2人は お付き合いスタート き

これからの展開が ますます楽しみになりますね。興奮

 

↓1巻全ページ無料配信中★↓
一旦 別のページに移動します
今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中!
おすすめの記事