↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

ベツコミ8月号の1/3さんぶんのいち 26話の感想です キラキラ

1/3 さんぶんのいち scene.26 千葉 コズエ 先生 著

ネタバレありの感想です。ご注意ください! お願い

 電子コミックが無料で読める情報の更新再開しました ハート

 別窓で記事がでます

ネタバレ大丈夫ですか?アセアセ

単行本派の方、まだ発売されていない 6巻の内容を書いていますので、ご注意ください。

慎くんと抱きしめ合う 夢を見た、紫陽花。やっぱり 慎くんを忘れられない、

このまま 遊を待たせたりしてはダメだ、と 気持ちを固めました。

そして 家を出ると、玄関先には 遊くんの姿が。

「遊!? なんで―――…」

「言っとくけど オレだって こんなストーカーまがいのキモいこと…好きでやってるわけじゃねーから

プライドかなぐり捨てて やってんの  だって… こーでもしなきゃ 会えねぇし」

紫陽花は 遊くんの綺麗な瞳に吸い込まれてしまいそうになるけれど、何とか 耐えて、

固めた気持ちを、ちゃんと遊くんに 言おうとします。

ところが 遊くんは、いつの間にか 少し離れた場所へ移動していたのです。

「紫陽花…今オレのこと フろうとしただろ 空気で わかったぞ

フるの禁止って言ったじゃん あ~遠くて聞こえない

そうゆう話するつもりなら 今日はもう帰るわ  じゃっ」

逃げる遊くんを、紫陽花は「そんなのズルい」言って 追いかけましたが……?

莉夏さんの家で寝ていた 慎くんも、紫陽花の夢を見ています。

声をかけられ 目覚めた時、紫陽花と間違えて 莉夏さんを押し倒してしまった、慎くん。

「なんだ 莉夏か」

「なんだとは なんだ失礼なっ  ちょっとは 自分がフッた女に対する 優しさとか同情とか ないわけ」

「う… …ごめん」

「…… ウソ! いいよ  あの告白は 私がフられるためにした告白だし

それにしても未練がましいなぁ 紫陽花ちゃんの夢でも 見てたわけ

紫陽花ちゃんと別れて そんなにさみしい?」

「…うん さみしい  すごく」

「そーゆうことは 私じゃなくて 紫陽花ちゃんに言えよ  ったく慎は! めんどくさい性格だなぁ」

優しく微笑んだ 莉夏さんは、そう言って 慎くんを励ましてくれているのです。

『最初から 素直に本音を言えてたら  こんなことには ならなかったのかな

オレは紫陽花の前で いつだって いい人ぶって カッコつけてばかりいた

君が可愛いから  君が好きだから  君に好かれていたくって―――…』

慎くんは、気晴らしに 散歩に出かけました。すると、紫陽花と遊くんに バッタリ会ってしまい―――!?

少しの時間だけだったけど、慎くんと 2人きりになれて、

さらに「紫陽花と会えなくて… さみしかったよ」と 慎くんに言ってもらえて、

赤い顔をして 嬉しそうな表情を浮かべている紫陽花、とっても 可愛いですね ハート うっとり

でも、紫陽花の心が 慎くんに引き戻されていることに気づいた、遊くんの気持ちを考えると 切ない…。涙

そして、慎くんから 遊くんへの宣戦布告、遊くんから 慎くんへの牽制……!! ハラハラします。ビクビク汗

この後の展開は 一体どうなっていくのか、次回9月号の27話を 早く読みたいです!!!!

↓BLマンガ
↓1~3巻無料
↓1巻 無料
↓1~5巻無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料

↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1~3巻無料

↓1~3巻無料
↓1巻 無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1巻 無料
↓1~4巻無料
↓1~3巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料

1巻 無料 配信中★

↓1~3巻無料
↓1~3巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1~10巻
 無料

↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1~13巻
 無料

おすすめの記事