1巻まるまる 今だけ無料で読める作品のご紹介

虎王の花嫁さん

2巻も無料

ある日、お姫様になってしまった件について

12巻まで無料

コーヒー&バニラ

3巻まで無料

凪のお暇

2巻も無料

矢野くんの普通の日々

10巻まで無料

ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~
今度は絶対に邪魔しませんっ!

10巻まで無料

殺し愛

2巻も無料

木更津くんの××が見たい

3巻まで無料

新婚だけど片想い

3巻まで無料

蝶か犯か ~極道様 溢れて溢れて泣かせたい~

2巻も無料

捨てられた皇妃

8巻まで無料

仁義なき婿取り

2巻も無料

ピンクとハバネロ

2巻も無料

純喫茶ねこ
スイーツは定時のあとで

3巻まで無料

スーツに性癖

2巻も無料

皇帝の一人娘

アニメ化 決定!

2巻も無料

どうせ、恋してしまうんだ。

2巻も無料

異世界の皇妃

2巻も無料

おかえりアリス

5巻まで無料

吸血鬼すぐ死ぬ

2巻も無料

光と影
月が綺麗ですね

3巻まで無料

阿部くんに狙われてます

3巻まで無料

マロニエ王国の七人の騎士

3巻まで無料

黒崎秘書に褒められたい

5巻まで無料

クジラの子らは砂上に歌う

BLマンガ

BLマンガ 副音声はうるさい十分に

2巻も無料

太陽よりも眩しい星
王子様に溺愛されて困ってます~転生ヒロイン、乙女ゲーム奮闘記~

期間限定 今だけ0円、まだまだ多数あり✨

今だけ無料で読めるマンガ情報

最大12巻まで無料!!

【本ページはプロモーションが含まれています】

別冊マーガレット1月号の 恋のようなものじゃなく 2話の感想です

恋のようなものじゃなく ♯2 南 塔子 先生 著

ネタバレありの感想です。ご注意ください!

『恋のようなもの』なのか『恋』なのか まだ分からないけれど、千耀のことを もっと知りたい、と思う 未仁。

向かいの校舎で見つけた 彼の姿を眺めているだけで、胸が高鳴ります。

一方 千耀も、未仁のことを見かけると 声をかけるようになってくれました。

千耀

「俺達 1年同士だよね? 敬語やめよーよ」

「タメでいいよ」

未仁

「あっ そうですよね…」

「じゃなくて そうだよね!」

「あはは」

「うん 俺A組 よろしくね 未仁ちゃん」

「よろしく 千耀くんっ…」

『千耀くんの声で 呼ばれる名前』

『ただ名前を呼ばれただけなのに』

『どうして こんなに嬉しいのかな』

   ……

中学からの友達で 保護者のような存在の 堀兄妹にだけ、未仁は 千耀とのことについて 話します。

他に口外しないことを 約束してくれる 堀兄妹。

そして 妹の七緒が「頑張れ 未仁♡」と言って 応援してくれました。

未仁

『頑張れ  かぁ―――』

『私の場合 恋かどうか 見極めるとこからだよね…』

『どうしたら はっきり わかるんだろう?』

『とりあえず もっと仲良く―――』

『友達にならないと…』

そう思った 矢先、千耀の家は美容室で 時々バイトしてる、ということを知っている女子生徒は 他にもいる。と知った 未仁……。

千耀くんに 少し近づけた気がしてたけど 勘違いだったのかもしれない… と、落ちこんでしまいます。

授業中に居眠りをした 未仁は ひどい寝癖がついてしまい、泣きながら 更衣室へ向かうのですが―――

その途中、千耀に会って 呼び止められてしまいました。

爆笑される…っ なんて怯える 未仁の予想とは違い、千耀は 愛おしそうに微笑み「かわいい」と言います。

千耀

「友達ん家の ヨーキーがさ」

「よくこんな風に 寝癖ついてたんだ」

「あれすごい かわいかったなあ―――」

未仁
『そっち!?』

千耀が言った「かわいい」は ペットに対する「かわいい」だと分かり 複雑な気持ちになるし、寝癖を直してくれた 彼の笑顔を見ると 胸が『きゅぅ…』と苦しくなってしまうけど、まだ 恋心を自覚できていない 未仁です……

駅で困っている女の子を見つけた 未仁は、迷わず 声をかけ、彼女を助けてあげました。

すると その時―――

千耀
「何やってんの 瑠奈」

実は その女の子、千耀の お姉さんだったのです。

てっきり 千耀の彼女だと思ったので、そうではないと分かって 心からホッとする 未仁。

一方、人のことばかり優先して 自分のことについては あまり気にしない、未仁が そんな性格だと知った 千耀は…

「…たしか 最初会った時も 痴話喧嘩止めて 自分が危ない目にあってたよね―――」
未仁
『呆れてる!?』
「えっ…と ごめんなさい あの時は迷惑かけて…」
「ちがうよ  責めたんじゃないから 謝んないで」

「そうじゃなくて なんていうか――――――」

「なんか放っておけないよね  未仁ちゃんて」

   ……

未仁
『わかってる また子供とか ペットみたいってことでしょ…』
『それでも―――』

胸のドキドキが止まらず、未仁の顔は まっ赤っか!!

先日 千耀の友達が言っていた「あいつ未仁ちゃん見つけたら 自分から話しかけにいくもん」「自分から女子に絡んでくの 珍しいよな」というセリフを 思い出さずにはいられないし、嬉しい動揺を抑えることができない 未仁でした……♡

↓1巻全ページ無料配信中★↓
一旦 別のページに移動します
今だけ 全ページ 無料 配信中!
おすすめの記事