1巻まるまる 今だけ無料で読める作品のご紹介

虎王の花嫁さん

2巻も無料

ある日、お姫様になってしまった件について

12巻まで無料

コーヒー&バニラ

3巻まで無料

凪のお暇

2巻も無料

矢野くんの普通の日々

10巻まで無料

ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~
今度は絶対に邪魔しませんっ!

10巻まで無料

殺し愛

2巻も無料

木更津くんの××が見たい

3巻まで無料

新婚だけど片想い

3巻まで無料

蝶か犯か ~極道様 溢れて溢れて泣かせたい~

2巻も無料

捨てられた皇妃

8巻まで無料

仁義なき婿取り

2巻も無料

ピンクとハバネロ

2巻も無料

純喫茶ねこ
スイーツは定時のあとで

3巻まで無料

スーツに性癖

2巻も無料

皇帝の一人娘

アニメ化 決定!

2巻も無料

どうせ、恋してしまうんだ。

2巻も無料

異世界の皇妃

2巻も無料

おかえりアリス

5巻まで無料

吸血鬼すぐ死ぬ

2巻も無料

光と影
月が綺麗ですね

3巻まで無料

阿部くんに狙われてます

3巻まで無料

マロニエ王国の七人の騎士

3巻まで無料

黒崎秘書に褒められたい

5巻まで無料

クジラの子らは砂上に歌う

BLマンガ

BLマンガ 副音声はうるさい十分に

2巻も無料

太陽よりも眩しい星
王子様に溺愛されて困ってます~転生ヒロイン、乙女ゲーム奮闘記~

期間限定 今だけ0円、まだまだ多数あり✨

今だけ無料で読めるマンガ情報

最大12巻まで無料!!

【本ページはプロモーションが含まれています】

別冊フレンド12月号の 黒崎くんの言いなりになんてならない 70話の感想です

黒崎くんの言いなりになんてならない 第70話 マキノ 先生 著

ネタバレありの感想です。ご注意ください!

カナダへ修学旅行中の 由宇たち。トロントから モントリオールへと 移動しました。

予想外の出来事に見舞われたものの………… 何とか振り切って、由宇・黒崎くん・白河くん・ミナちゃん・芽衣子・タラコちゃん・梶くんがメンバーの A班も、楽しい自由行動の時間を過ごします。

そんな中、黒崎くんに もう1回「好き」と言わせたい 由宇ですが―――

笑顔が増えた黒崎くんは 強敵すぎて、返り討ちにあってしまうのでした…♡

芸術都市モントリオールを 観光する一行は、いよいよ ノートルダム大聖堂を訪れます。

すると 中へ入る前に 黒崎くんが、由宇にだけ お父さんとのことを 話してくれました。

黒崎くん

「―――父さんの書斎に ここの写真があった」

由宇
「黒父の?」
「ガキのころ よく1人で眺めてた」

「夏休み  実家にいただろ」

「若いころ 最初に駐在して  思い入れが 特にあるのが」

「このケベック州なんだと」

「―――はじめて たくさん いろんな話を聞いた  父さんに」

「だからここには 来たかった」

お父さんの 思い出の地へ来ることができた 黒崎くん。

感慨深そうに ステンドグラスを見つめ、いったい 何を想う――――――?

別冊フレンド1月号の 黒崎くんの言いなりになんてならない 71話の感想です

黒崎くんの言いなりになんてならない 第71話 マキノ 先生 著

由宇たちは もうすぐ3年生。

修学旅行を楽しみつつ、高校を卒業した後のことが 話題に上がるようになってきました。

由宇

「…… あのさ」

「…………」

黒崎くん
「なんだよ 言え」

「卒業したあと とかっ… って」

「もう考えてる?」

「急に どうした」
「さっき… みんなと その話になって」

「考えよーとしても いまの高校生活がさ  すごく楽しくて」

「ずっと続けばいいのになぁって そればっかりで…」

「そうだな  俺もだ」
『修学旅行 おわってほしくないなぁ…』

でも 黒崎くんは、兄の結婚のこともあって これからの生き方について 強く思うところがある様子―――!?

この日の 自由行動の時間が終わり、班みんなで 集合場所へ向かっている時のことです。

梶くん達より 少しだけ遅れて、後ろのほうを歩く 由宇と黒崎くん。

すると、由宇が持っている 紙袋のヒモが切れてしまい、立ち止まった 2人は……

黒崎くん
「何そんなに買ったんだ」
由宇
「ぜんぶ お土産だよ パパママでしょ あと1年生とか 寮監さん…」
「わざわざ要るか? 父さんのぶんまで」
「いるよー 会うたび お世話になってるもん 黒父 旅行の話 聞きたがるだろうし」
「赤羽」
「待って ヒモしばるから……」
「俺と 婚約しろ」

「………… …へ?」

「えー…っ と…」

「ワンモア プリーズ?」

「いつになったら 一度でわかるんだよ」
「こんっ えっ… ええ!?」
白河くん
「集合時間 遅れるよー」
「時間厳守だ」
『ちょっっっと まって!』

「黒崎くん! それって つまり…」

「けっこん…」

由宇は 黒崎くんに聞きたいことがあるのに、突如 現れた 怪しい男たち… ではなく 黒父の部下に連れられ、なぜか 黒父と会うことになってしまい―――!?

↓1巻全ページ無料配信中★↓
一旦 別のページに移動します
今だけ 全ページ 無料 配信中!
おすすめの記事