↓「さんかく窓の外側は夜」1巻 無料配信中★

↓「婚姻届に判を捺しただけですが」
  1・2巻 無料配信中★

↓「カードキャプターさくら」無料&値引き★

1~30巻無料

↓1~3巻無料

↓BLマンガ

 1巻 無料

別冊フレンド3月号の 黒崎くんの言いなりになんてならない 72話の感想です

黒崎くんの言いなりになんてならない 第72話 マキノ 先生 著

ネタバレありの感想です。ご注意ください!

黒崎くんに「俺と婚約しろ」と言われた その矢先、黒父に呼びつけられ 3人でディナーをすることになった、由宇。

戸惑いつつも 美しいお料理をいただき、コミュニケーション下手な黒崎親子の会話を サポートします。

由宇

「…さて! カナダに黒崎家 大集合ですね」

「黒父の大切な場所って ききましたよ 黒崎くんから!」

「大聖堂が特にステキだったよね 黒崎くん ずっと眺めてたし」

黒父
「…晴人が?」
黒崎くん
「あれって ゴシック建築?」
黒父
「詳しいな」

由宇のおかげで 建築の話題で盛りあがる、黒崎くんと 黒崎くんのお父さん。

そして 話の流れで、黒父が 奥さんと結婚したのは 19歳の時、と 明かされました。

黒崎くん
「初めて聞く」
由宇
「わっ…若いですね」
黒父
「私も侑希子も 家族は早く欲しかったからな」

すると そんな会話中、黒崎くんがサラッと 爆弾発言!!

黒崎くん

「赤羽と婚約したから」

「籍入れたら また家族増えるな」

息子の突然の言葉に 黒父も、婚約を了承したつもりはない 由宇も、驚いて 動揺します。

黒崎くんだけが 落ち着いています…。

黒崎くん

「年明けから 留学することにした」

「赤羽も来い」

由宇
「えっ… と  …え!?」
黒父
「年明け? 具体的だな」
黒崎くん
「志望先が 春美と提携してたから」
黒父
「だから婚約か たしかに何かと楽になるが」
由宇
「…っまってよ! なんの相談も…」
黒崎くん

「やりたいこと カナダ(こっち)に来て 決心ついた」

「目標決まったら 早いほうがいい」

由宇
『…あたしも?  突然すぎて…』

何も言えない 由宇に、黒父が「君も 晴人と行くのか? 本当に」と 問いかけます。

黒崎くんは 『行く』と答えると思っていたようだけど……

頭が混乱している 由宇は、やっぱり 何も言えませんでした―――

由宇
『離れたくないよ  もちろん あたしだって』

   ……

息子と2人だけで話したい 黒父は、黒崎くんだけを連れて バーへ移動します。

でも、お父さんと話すより 由宇と一緒にいたい 黒崎くん…

黒崎くん
「赤羽の部屋 どこだよ。」
黒父

「別々のフロアにとった あの娘も疲れたろう」

「今晩は 休ませてあげなさい」

黒父は、留学の件には 賛成だと言ってくれました。深く学ぶなら 国外がいい、と。

だけど――― 支援を求めず 親に頼ろうとしない 息子の生き方に、忠告をしたかったのです。

黒父

「―――おまえは なんでも1人でしたがるな 何かを決めるときは特に」

「だが あの娘の人生は おまえの所有物じゃないぞ」

「晴人に決められるものではないだろう」

ところが その言葉に腹を立てたのか、黒崎くんは 由宇のところへ行こうとします。

父さんの話は どうでもいい、とまで言われ、黒父も 怒ってしまい……

黒父

「さっきから 赤羽赤羽と…」

「勝負してやろう 晴人」

「私に勝ったら 鍵も渡してやるぞ」

「先手は譲ってやろう」

父と息子、黒崎親子2人は チェスで勝負を始めて――――――!?

↓1巻全ページ無料配信中★↓
一旦 別のページに移動します
今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中!
おすすめの記事