↓1~5巻無料

↓1~4巻無料

↓1~3巻無料

ドラマ 開始!
↓1~3巻無料

BLマンガ
↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

1~10巻無料

↓1・2巻無料

BLマンガ
↓1・2巻無料

↓「チェンソーマン」1巻 無料配信中★

↓「彼に依頼してはいけません」
  1巻 無料配信中★

プレミアCheese!10月号の ねぇ先生、知らないの? 12話の感想です

ねぇ先生、知らないの? 第12回 浅野 あや 先生 著

ネタバレありの感想です。ご注意ください!

理一くんが 華に、「俺さ 4月にあるコンテストに 出ようと思って」と話しました。

すると 華は、「いいと思う!!  挑戦するの カッコイイよ!!」と言って 応援します。

「…カッコイイのは 華のほうだよ」

「華がいつも がんばってるのを見て 俺ももっと がんばろうと思ったんだよ」

『私を見て…?』

『理一くん』

「あ じゃあ 理一くんも これからさらに 忙しくなるんだね」
「そうだね 連絡もそんなに できなくなるかも」

「そっか…」

「でも 私も新連載 始まるから ネーム やらなきゃだし!!」

「忙しくなるから ちょうど よかったかも!」

「……」

「…俺は  寂しいけどね」

「え」

「いや 私も 寂しいよ!? 寂しくないって意味じゃなくて」

「いつも 既読無視だしね?」

「!!」

「そ そうなんだけど」

「既読無視も ワザとじゃなくて まんがのほうに 夢中になりすぎて それで…」

「会えなくなる分 充電させて?」

華を お姫さま抱っこで ベッドへ連れて行った、理一くん。

しばらく会えなくなる前に 2人は、いつも以上にラブラブで 幸せな時間を過ごしたのでした…♡

……

新連載のネームが 上手くいかず、桐谷さんにダメ出しをくらってばかりで 落ち込む華…。

それでも、『理一くんも がんばってるんだから 私もがんばらないと…』と 気合いを入れます。

そして なんとか 期限ギリギリ、華は「100%のネーム」を完成させました!!

「桐谷さん…  …ど どうでしょう…」

「……」

「面白かったです お疲れ様でした」

「ホントですか!?」
「自分でも 面白いの描けたって 思ってるんじゃないですか?」
「はいっ」

とびきりの 華の笑顔に、目を奪われる 桐谷さん―――

すると そのとき、華のお腹が 盛大に鳴ってしまいます。

華と桐谷さんは 2人で、ごはんを食べに行きました。

『あれ?』

『桐谷さん 髪型… いつもと違う』『全然 気づかなかった』

『そっか…  私が残ってたから 桐谷さんも残ってくれてたんだ…』
「すみません 桐谷さん!!  私のせいで 桐谷さんも」

「仕事 たまってたんで ちょうど よかったです」

「おかげで 片付きました」

「…桐谷さんって」

「ホントは 優しいですよね」

「初めは 冷たい人かと思ってたんですけど()

『―――ねぇ先生』
「…誰にでも 優しいわけじゃないですよ」
『知らなかったでしょ? 俺の気持ち』
「え?」
「あなたが好きだからです」
『自分でもやっと 気づいたんだ』
↓1巻全ページ無料配信中★↓
一旦 別のページに移動します
今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中!
おすすめの記事