↓「さんかく窓の外側は夜」1巻 無料配信中★

↓「婚姻届に判を捺しただけですが」
  1・2巻 無料配信中★

↓「カードキャプターさくら」無料&値引き★

1~30巻無料

↓1~3巻無料

↓1巻 無料

プレミアCheese!8月号の ねぇ先生、知らないの? 11話の感想です

ねぇ先生、知らないの? 第11回 浅野 あや 先生 著

ネタバレありの感想です。ご注意ください!

仕事が一段落ついた 華は、美容師の理一くんが働くお店へ お客さんとして出向きました。

カットは 理一くんにやってもらえたけれど、他にもお客さんがいて忙しいため カラーは別の人に。

「ごめん華 カラー潤にお願いするわ」
「あ うん」
「ホントは  俺が全部やりたかったんだけど」

甘い理一くんのセリフに 思わず『きゅーん』としてしまう 華です…♡

カラー施術中に たまたま雑誌を見て、すっかり忘れていたバレンタインという一大イベントが もう来週に迫っていることに、ようやく気づいた 華。

どうしようかと焦りながら 真剣に雑誌を見ていると、理一くんの後輩の潤が 「理一さんに あげるんですか?」と 話しかけてきました。

「あ いや実は…  今これ見て バレンタインのこと 思い出したっていうか…」

「でも これ見て 作ろうかなと!」

「って 作るの初めてなんですけど」

「あ これ理一くんには 内緒でお願いします!  失敗するかもなんで」

「…そうですね  理一さん 毎年すごい数のチョコもらってるし 変なのあげられないですよね」

潤の嫌味()に気づかない 華は、理一くんのカッコよさを 改めて認識し、喜んじゃってます☆

バレンタイン当日の夜の 閉店作業中だった潤が、お店の前で理一くんを待つ 華の姿に気づいて、声をかけてくれました。

「それ 理一さんに 渡しに来たんですよね?  呼びましょうか?」
「ダ ダメダメ!!  待って待って!!」

実は 華、クッキーを作ってきたのだけれど あまり上手くいかず 残念な出来上がりになってしまったため、理一くんにあげることを 躊躇しているのです。

すると、しゅん…と落ち込む 華を見かねて、潤は「…初めて作ったんですよね? こんなもんなんじゃないですか?」と励ましてくれます。

「!  ホント!?」

「あれ? 華?」

「どうしたの? 会いに来てくれたの?」

「あ えっと…  その…」
「なんか理一さんに 渡したい物 あるらしいですよ」
「!  …ど どうぞ…」

ドキドキ緊張している華から クッキーを受け取った理一くんは、「華の手作り!?」「もらえると思ってなかったから すげー嬉しい…」と言って とても喜んでくれました。

そんな理一くんの反応が 嬉しい華は、自然と とびきりの笑顔になり――――――

「がんばって作って よかった」

その華の可愛さに、理一くんだけじゃなく 潤も、思わず 見とれてしまっていて…!?

「…理一さん…  俺  なんで あの彼女なんだろうって ずっと疑問だったんですけど…」

「でも」

「なんか  わかった気がします…」

「“俺の彼女”だからね?」
「!」

『―――ねぇ先生 知ってますか?』

『俺の憧れの 理一さんが  こんな夢中になるの』

『あなたが初めてなんですよ?』

↓1巻全ページ無料配信中★↓
一旦 別のページに移動します
今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中! 今だけ 全ページ 無料 配信中!
おすすめの記事