↓「執事たちの沈黙」完結!1~4巻 無料
↓「オオカミ王子の言うとおり」1・2巻無料
↓「王の獣」「コールドゲーム」1巻 無料
↓「10万分の1」1~3巻無料

マーガレット 小森 みっこ 先生 著

第6話 1巻

道場を出て、一緒に帰る 佑菜と日和。何気ない会話が 弾みます。

『俺との約束(獅子丸に会う)が なくなったけど』

『わざわざここまで 来てくれた』

佑菜と一緒にいられることを喜ぶ 日和の一方、佑菜は 高校を卒業してから通ることがなかった 懐かしの道に夢中です。

高校時代の思い出を楽しそうに喋る 佑菜の話は、日和にとっても 身近な内容でした。

「卒業して2年だから まだそんなに変わってないかー」

「私が3年の時の1年生は まだ学校にいるんだし」

「…そうですね」

『3歳差 高校と大学』

『佑菜さんと俺は 遠い距離があると思っていたけど』

『睡蓮高生という共通点が 俺達をつなぐ』

『もしも今佑菜さんが 俺と同じ高校生だったら』
『同じ場所で 同じ思い出を 共有していたんだ』

「そっかー 私も今 高校生だったら」

「そこのコンビニで 日和くんに会ったりしてたかもしれないんだね」

「3歳も年下じゃ あんまり共通のモノないと思ってたけど」

「同じ高校って話題があったんだね」

「…俺も  同じ事考えてました」
「…ははっ 気が合う?」

その時 大雨に降られ、どこか屋根の下へ 逃げ込まざるを得ない状況になります。

急な悪天候を嫌がる 佑菜とは違い、日和は むしろ―――

『…こういうの ドラマや映画の中で 何度も見た』

『突然の雨 雨やどりの場面』

『ぎこちない 肩と肩の距離感』

『そして ありきたりな事を思う』
「まだもう少しだけ 止まないで」

   ……

日和は、佑菜を家まで ちゃんと送り届けるつもりです。でも、雨は止まず 雷まで近づいてきました。

実は 雷が苦手な佑菜。隠そうとしているけれど、怯えているのが バレバレ。

『出会って間もない かわした会話も きっと少ない  のに』

『こんな風に思うのは おかしい? おかしいかどうかも わからないんだ』

『全部はじめてだから    けれど』

『胸が鳴るのは  本物で』

「…守りますよ 俺が」
「…か  雷から…?」
「……」 「…じゃあ 雷からも」

すごい、頼もしい、と 佑菜は笑います。

そして ふたりの肩と肩は、さっきよりも 縮まっている…ような?

『17歳と 20歳』

『どうしたって近づかない 3歳の差』

『だけど』

『この距離は縮められる』

『いつでも 守れる距離に』

   ……

佑菜への想いを 自覚した、日和。

しかし 佑菜は、日和のことを 恋愛対象として見ていなくて――――――!?

↓1~4巻無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1巻 無料
↓1~3巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1~4巻無料
↓1~3巻無料
↓1巻 無料
↓1~5巻無料
↓1巻 無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1~5巻無料
↓1~3巻無料

↓1~5巻無料

↓1~4巻無料

↓マイクロ
1~4巻無料

↓1~3巻無料
↓1・2巻無料

↓1~15巻
 無料


↓1~10巻
 無料


↓BL!?☆

↓1~4巻無料

↓1~3巻無料

↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

↓8~16巻
 無料


↓BLマンガ

↓BLマンガ

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

↓1~3巻無料
おすすめの記事