↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

別冊フレンド12月号の 黒崎くんの言いなりになんてならない 61話の感想です

黒崎くんの言いなりになんてならない 第61話 マキノ 先生 著

ネタバレありの感想ですので、ご注意ください!

「絶対 手離すかよ」と言った 黒崎くんに、強く抱きしめられる 由宇。

このまま はなれたくない…、と思うけれど 怪我をしている黒崎くんを 気遣います。ところが―――!?

「ごめん ケガしてるのにっ…  早く休んだほうが」

「赤羽  一緒に寝るぞ」

ベッドは ひとつだけ。朝まで ふたりきり。由宇は『やっぱり そういうこと!?』と考え 大赤面です!

『―――そういえば きのう オフロで…  あたし  どーぞって…』

でも、こんな すぐには 覚悟できない!! ……なんて 由宇が慌てていることも知らず、

上半身 裸の 黒崎くんは、由宇を ベッドに寝かせ、自分も その隣で寝て、とっても 穏やかな寝顔。

『…あ  れ?  ~~~おっ おやすみですか…!!

そーいえば まえも一緒に 寝たし  コトバどーりの意味だったんだ ~~~まぎらわしーよ!!』

由宇は 黒崎くんに、服を着ないと 体が冷えてしまう、と言いますが、

あのシャツは 由宇の父からの借り物なので、シワにしたくない 黒崎くん。

すると 黒崎くんは、由宇を抱き寄せ「十分 あったかい…」と 囁いたのでした

翌日 由宇が目覚めると、先に起きていた黒崎くんは「もう昼だぞ」と言って 少し悪戯っぽい笑顔。

そして さらに、よだれを指摘したり 寝言が多かったことを、からかってくるのです。

「~そんな すぐ黒アクマに戻らなくても」

「?」

「寝るまえは あんなに 素直で かわいかったのに にっ…」

かわいい、と言われたことが 気にくわないのか、黒崎くんは 由宇を押し倒して 反撃開始!

「きのう もう記憶 戻ってたよな 言えよ」

「…それは タイミング なかなかなくて……」

「さんざん 振り回しやがって」

「それも 悪かったって 思って…」

「思うだけか?」

「~~~っ  …さみしく させまして  ごめんね」

頭を ポンポン としてきた由宇に、「…っガキ扱い してんじゃね…」と 文句を口にした黒崎くんだけど、

真っ赤な顔をした由宇からの キスによって、遮られます。

「…もう  大丈夫だから」

「―――足りねぇよ」

深いキスをして、由宇の服を脱がし始めた 黒崎くん。キスだけじゃ 終わらない――――――!!??

記憶が無事に復活した 由宇と、由宇への想いが 溢れて止まらなくなっちゃった 黒崎くんの、

甘々な やり取り、と―――っても キュンキュンしました!!!!

そして、黒崎くんの 安心しきったような寝顔や、黒いけど どこか柔らかい笑顔や、

照れた顔や びっくりしている顔、どれも可愛くって ニヤニヤしちゃいました。

この頃の 黒崎くん、本っ当に 表情豊かになったなぁ、と感じます。

さて、キスだけじゃ終わらない!? 雰囲気になった、由宇と黒崎くん。ついに 2人は…!!??

果たして どうなるのか、次回が 気になって仕方ないです

1月号の 62話を、早く読みたくなっちゃいますー!!

↓BLマンガ
↓1~3巻無料
↓1巻 無料
↓1~5巻無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料

↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1~3巻無料

↓1~3巻無料
↓1巻 無料
↓1巻 無料
↓1・2巻無料
↓1巻 無料
↓1巻 無料
↓1~4巻無料
↓1~3巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料

1巻 無料 配信中★

↓1~3巻無料
↓1~3巻無料
↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1~10巻
 無料

↓1・2巻無料
↓1・2巻無料
↓1~13巻
 無料

おすすめの記事