BLマンガ
↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

↓1~3巻無料

↓1・2巻無料

↓BLマンガ

↓1~8巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

「モジコイネネコイ」1・2巻 無料★

ベツコミ2月号の クイーンズ・クオリティ 63話の感想です

クイーンズ・クオリティ 第63話 最富 キョウスケ 先生 著

ネタバレありの感想ですので、ご注意ください!

朱雀門に対し 青龍との共闘体制整えた 玄武は、アタル奪還へと 動き出しました。

先陣を切るのは 睦と鉱一、全体を仕切るのは タカヤです。

タカヤ

「この作戦は  「朱雀の蛇」という 不可解な存在の在り処を暴き」

「連れさられた玄武の一員  「四方アタル」の救出を目的とするものです」

「ここで朱雀の理不尽な暴挙を阻むことは ひいてはウチガワの安定のため」

「ここに集まる 玄武と青龍―――」

「―――ほか 皆様の志に感謝します」

「粛々と務め 無事に会いましょう それでは」

「はじめてくれ 睦」

「では開演しよう  すこしの間 みんな聴いてね」

「朱雀の蛇  いや「銀のうみへび」よ」

「おまえの居場所を探せないとでも思ってるのか」

「仕事熱心な「ただの掃除屋」を なめるなよ」

「あの時 「おまえの音を覚えた」と言っただろう」

「「玄武の総力で 受けて立つ」ともな  ―――ほら」

「もう聴こえてるよ  あわれな赤子のような おまえの声が」

   ……

その頃、アタルは 朱雀のセイラから「あんた私の贄になりなさいよ」と 迫られていました。

弱っているのに 少しも迷わず、絶対に嫌だと 拒否する アタル。

セイラに何を言われても どれだけ殴られても、屈しません。

仲間が助けに来てくれると 信じているからです。

セイラ

「はっ バーカ」

「来るわけないんだよねー ここちょっと特殊な心間だし」

「蛇に力で がっつり深いとこに隠してあるし」

「青龍のヤツ喰ったぐらいの 玄武の蛇じゃ  まー力全然 足んないし」

「ていうか ふつーの人間が 蛇に楯突くとか ありえないから 蛇ってのはね」

「本来人間を 人間たらしめる 深層の」

その時、睦の力で アタルを見つけ出し、鉱一の力で 突入を開始。

タカヤを含む 先遣隊が、見事 目的地に到達しました。

「玖太郎 文ちゃん  アタルが 思った以上に傷んでる  プランBでいこう」
鉱一

「こっちは大丈夫だ  早く行け」

「頼んだぞ」

玖太郎
「任せろ」

   ……

侵入者を察知し 駆けつけた 朱雀のイノウエとツバサが、タカヤ達の前に 立ち塞がります。

しかし 手こずることなく、アタル救出作戦を 予定どおりに進めていけそうです。なぜなら……

イノウエ
「…まさか あなた方は」
タカヤ

「おう」

「いろいろ情報 もらってんだ」

「丸腰で伺うわけには いかねえだろ」

玖太郎

「そういうことだ」

「ここにいる仲間  だけじゃない」

「こちら側の味方全員  俺の贄だ」

いよいよ 玄武と青龍の大逆転が始まる――――――!?

↓1・2巻無料

↓1~5巻無料

↓1~3巻無料

↓1巻 無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

TVドラマ化
↓1~3巻無料

↓1~4巻無料

↓1~5巻無料

↓シリーズ
 7冊 無料

↓1~3巻無料

↓1・2巻無料

↓1巻 無料
↓1巻 無料
↓1巻 無料

↓合冊版

↓合冊版

↓1巻 無料

↓1・2巻無料

↓1~4巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

BLマンガ
↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1巻 無料

↓1・2巻無料

↓BLマンガ

↓合冊版

↓BLマンガ
1~5話 無料

↓1巻 無料

↓1~5巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1~4巻無料

↓1~3巻無料

↓1~3巻無料

↓1~3巻無料

↓1~3巻無料

↓1~7巻無料

↓1~3巻無料

↓マイクロ
1~10巻無料

↓1~4巻無料

↓1~3巻無料

↓1~4巻無料

↓1~3巻無料

↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

↓1~3巻無料

↓1・2巻無料

↓1・2巻無料

おすすめの記事